仲介手数料の上限額

不動産会社に支払う仲介手数料は、以下の通り売買代金の金額区分ごとに上限が定められています。

依頼者の一方から受領できる報酬額
取引額報酬額(税抜)
取引額200万円以下の金額取引額の5%以内
取引額200万円を越え400万円以下の金額取引額の4%以内
取引額400万円を超える金額取引額の3%以内
※仲介手数料は消費税の課税対象なので、別途消費税がかかります。

仲介手数料の上限額の計算例

●売買価格が1,000万円の土地の仲介手数料の上限額
→売買価格を次のように分解して計算します

a)200万円までの部分
  200万円×5%=10万円
b)200万円超 400万円までの部分
  200万円×4%=8万円
c)400万円超 1,000万円までの部分
  600万円×3%=18万円

a+b+c=36万円
※この額に消費税を上乗せした金額が仲介手数料の上限額になります。

なお、400万円を超える物件については、以下の式で仲介手数料の上限額を速算することができます
→売買価格×3%+6万円+消費税